土の処分について。

突然ですが。
みなさんのオタクに「土」ってありませんか?

我が家では、10年近く水草水槽を楽しんでいます。
我が家の水槽は、水草メインなので、水槽の底に底床といって、土台になる土を敷いていて、栄養分のある土を使って、草を育てる、というわけです。
植物を育てる時のプランターと同じで、新しい植物(水草)をそのまま追加する事もありますが、随分長く時間が経った場合もプランターと同様に、病気や土の栄養分を考慮して、土ごとまるっと入れ替えをします。

IMG_3014

水槽には専用の土「ソイル」があります。細かい泥が水中に混ざらないように丸い粒上の塊に焼き固められています。また、この形状が通水性を保ち、微生物やバクテリアの定着しやすい土壌を作れるということです。

 

IMG_3013

一番底の部分には、さらに栄養分の高い土を敷き詰めます。

 

先日、その水槽を約二年振りにリセットしました。
今はその水草が育つのが待ち遠しい日々です。

IMG_3079

リセット直後の水槽です。少しずつ、根を張り、株が育って行きます。

 

ところが・・・・
その際に入れ替えた土。
私の住む自治体では、土や砂・石は、ごみ収集で回収してもらうことができません。
東京23区をはじめ、ほとんどの自治体がそうだと思います。
一軒家に住んでいる方は、自宅の敷地内に土のあるスペースがあれば混ぜ込んでもいいかもしれませんが、マンション暮らしの場合、それができません。
近所の緑地とか街路樹お根元に捨てる?
それでは、不法投棄になってしまいます。

ごくごくたまに近所の遊歩道を散歩していると、街路樹の根元に、明らかにその場所に正規に分布されたとは思えない「土」が撒かれている事があります。
プランターの底に敷く鉢底石であろう小石が混ざっているので、家庭用プランターの土を捨てたであろう事は一目瞭然ですが、これは明らかに不法投棄で、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられます。
(ちなみに、未遂も罰則の対象だそうです!!)

実は私のうちには、今回リセットしたソイル(土)とは別に、その前に水槽をリセットしたときのソイル(要は二年前の土)と、過去に楽しんでいたベランダガーデニングに使った土などを処分しきれず、のベランダの片隅にコンテナに入れて保管していましたが、今回のリセットで、そのスペースにも置ききれなくなったので、重い腰をあげて処分方法を探してみたところ、
園芸で使用済みの土、余ってしまって使いきれなかった土、
それから、
水槽の底石・底砂・ソイル(底土)、庭から出てきた石、レンガ、コンクリートブロック、タイル、
そして,水害防止用の土のうや、石灯籠などの加工石など、
土・石に関するありとあらゆるものを有料で引き取って下さるサービスがありました!

ウィステリアガーデン
http://wisteria-garden.eco.coocan.jp/

土や砂の状態にもよりますが、
根や茎などが混ざっていない園芸用の土であれば、1kgあたり40円〜、
根や茎などが混ざっていても1kgあたり80円。
水槽のソイルは50円。
植木鉢・プランターごとだと、1kgあたり100円ほど。

持ち込みもできますが、500円〜2,000円ほどの出張費で引き取りにきてくれます。

今回、水槽ソイル(約12kg @50)、使用済みで鉢底石も混在して根が残っているプランターの土(約5kg @80)、
水槽の観賞用の石(約6kg @100)を出張で引き取っていただきました。
世田谷区は出張費500円だったので、そのお値段、合計2,268円(税込)でした!
持ち込みをすれば、もちろん出張費はかかりません。

IMG_3264

春先にひとまわり大きな鉢に植え替えてから咲き続けていたミニバラも一段落。ウドンコ病が見えたので切り戻ししました。

 

ご家庭で廃棄処分にする土。
もし、処分出来ずに困っている方がいらっしゃいましたら、回収サービスの利用をオススメします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ にほんブログ村 インテリアブログ 部屋づくりへ

関連記事

Comment





Comment